主婦がカードローン利用は法律の壁がある

専業主婦がカードローンはどうすればできる?法律の分厚い壁があった

主婦がカードローンしようにも、法律の分厚い壁がある

人は生活する上で、必ずルールを守らなければならないものです。ルールの上で生活する分には認められるものの、ルールから逸れれば途端に弾かれてしまう、それが世の中というものでしょう。それは専業主婦であれ同じもの。何かと利便性の高いカードローンですが、専業主婦が手に入れるには社会のルール――法律の分厚い壁があったのです。

主婦がローンを考える理由の大半は家庭です

そもそも専業主婦がお金を借りたいと思う理由はほとんど家庭が理由であり原因になることでしょう。子供がちょっとした事故にあって、突然のことだけれどお金が必要になってしまって用意しなければならなくなった。

他には旦那さんの事情で必要になった。実家でちょっとした事故やトラブルがあって必要に……などなど、家庭に起因することが多いものです。中には少々レアケースなものも存在はしますが、大半の専業主婦はこの「家庭」を理由にお金が必要になり、カードローンの審査を考えるようです。

けれどその前に重要な事は、専業主婦ではそもそもの大手カードローン会社では、借り入れどころか審査に申し込んでも最初から弾かれてしまうということでしょう。これは法律が壁になるのですが、専業主婦は収入がないと判断されてしまい、返せる手立てがないものと言うことでお金の借り入れそのものが規制されてしまっているのです。これを総量規制と言います。

総量規制を乗り越えるなら、パートでOK

けれど専業主婦もパートなりと多少でも収入があることが証明できれば銀行は出来ないものの、カードローン会社から借り入れは可能になります。収入さえあれば女性でも主婦でも借り入れが可能となっているのです。

ただしカードローンは限度額を最初にカードローン会社から設定されて、そこから自由に借り入れ出来るようになるものです。その限度額の設定の仕方は収入額に応じて決められるものであり、専業主婦がパートで手に入れられる収入で借り入れするのであれば、恐らく限度額は10万前後程度になることでしょう。

その際限度額一杯まで借りても足りないからと言っても、カードローンを複数持つことを考えるのはやめておきましょう。そうして複数社から借り入れしていけば、気がつけば泥沼になっているなんてことは良くある話です。くれぐれも利用する際はお気を付け下さい。困った時には大変便利なカードローンではありますが、頼りすぎることは身の破滅を意味しますよ。